LCC(格安航空)使用上の注意点〜ピーチとジェットスター

こんにちは、ブログ管理人の夜来香です。

格安航空(LCC)の話

格安航空といえば、突発旅行にとっても優しい低価格の航空会社です。
低価格でサービスを提供するということは、色々とカットされている要素が多いのですが、フルサービスを期待されているのでなければ全然問題ありません。

よく座席が狭めであるとか、機内サービスがほぼ無いとか、客室乗務員さんが親切じゃ無いとか言われていますが……。
乗ってみた感じとしては、フルサービスのANAやJALに比べれば座席は少し窮屈かもしれませんが、ごく普通の体格の人であれば問題ないかと思われます。
実際に結構体格の良い欧米系の人も搭乗されていましたし(足元広めの座席を取ることはしていたようですが)。
狭いのが心配だという方は、座席の取り方を変えるだけでも快適に乗ることが出来ますよ。

飲食物は基本的に有料です。薬を服用されている方は搭乗前に水を購入しておきましょう。
お昼をまたぐ時間帯の場合はあらかじめ昼食を購入しておき、機内で食べることも出来ます。たまに飲食物持ち込み不可の航空会社もあるので事前に調べておきましょう。

さて今回、関西空港経由で愛媛の松山まで行った際に、初めて2つの格安航空を利用しました。

  • 新千歳空港空港→関西空港はジェットスター
  • 関西空港→松山空港はピーチ


これで大体片道(新千歳空港→松山空港)が15000円程度です。

実はANAが1日1便の直行便を飛ばしているのですが、直前で座席を取ろうとすると軽く倍の金額がかかります。
安く取ろうとすると2ヶ月前くらいに予約しておく必要があるのですが……必ず行けるとも限らず、キャンセルしてしまうと半額くらいしか戻って来ません(涙)。

ちなみにピーチだけでも新千歳空港→関西空港経由→松山空港というのは出来ます。
ジェットスターの場合も新千歳空港→松山空港というのが出来ますが、この場合経由地は成田空港になります。

ここの違いは、ピーチの本部は関西空港で、ジェットスターはハブ空港を成田空港に設定しているためです。

さて本題。

ジェットスターピーチの違いについて

基本的に格安航空というものは「搭乗することを前提として座席を取る」ものなので、キャンセルはできません。
正確に言うなら「キャンセル料は全額返ってこない」と考えた方が良いらしいのです。

ただ、行くことを決めたものの日程が変更になる場合は、オプション付きで申し込んでおくとお金が無駄になりません。変更が可能になります。

ジェットスターの場合のおすすめオプションは、プラス4000円のMAXプランです。
同一区間であれば手数料なしで日時と便の変更が可能、もしキャンセルすることになった場合でも(支払い時の手数料を除いて)全額が「フライトバウチャー」という形で返却されます。
このバウチャーを用いて違うジェットスター便の支払いに使用することができます(期間は6カ月以内)。

対するピーチ、こちらは一番のおすすめはプラス約2000円のバリューピーチ、プラス約4000円のプライムピーチでの申し込みです。
バリューピーチでも同一区間での日時と便の変更が手数料なしで可能ですが、払い戻しを考えた場合はプライムピーチでの申し込みが無難です。

身一つで荷物が7kg未満であれば最安値のオプションなしで大丈夫なんですが、行きは軽装でも戻りはお土産付きという場合が多いと思われます(観光の場合は特に)。

そういう場合は行きはシンプル、帰りがオプション付きにすると良いのですが……

ここで今回私がぶつかった問題についてご紹介します。

問題発生!どこに問い合わせたらいい?

この場合の問題というのは、便を変更したために発生しました。

ジェットスターピーチも、便の変更は出来るのです。条件つきですが。

それはA→Bという区間限定であって、しかも最初に申し込んだプランをくっつけたまま日時変更、となるわけです。
B→Aに変更は出来ないので、この場合はキャンセルしなければいけません。
日によって差額が発生した場合は、最初に払った代金に加えて差額も支払う必要があります。

そして注意したいのが、オプションの他につけられるサブオプションについて。
これは便変更を行うと白紙になっちゃいます。

たとえば手荷物に関して、オプション以上の更なるサブオプションをつけている場合は、もう一度付け直す必要があります

ここで私引っかかっちゃったんです。

ピーチなんですが、最初からプライムピーチにしておけば回避できたんですが……。
バリュー+手荷物1個追加で最初に申し込んでしまったのです。

最初に申し込むプランは熟慮する必要があります。これ大事です。

変更時に手荷物追加を付け直さねば……と思っていたらHP上からは何故か手続きが出来ない。
そのまま空港にいって職員さんを巻き込んだ挙句、結局手荷物1個追加料金をその場で支払いました。

事前に申し込んでおけばそれほど高価でも無いんですが、空港のその場で申し込む場合、下手すると倍近く代金が変わります。
今回の場合は事前申し込みが1600円で、空港申し込みが2600円強でした。
しかもクレジットカード払いのみ

クレジットカードを持ち合わせていない場合はパニックになるかと思われます……。

このようなトラブルやおかしいな?と思うことがある場合は、

  • ピーチの場合はカスタマーセンターにライブチャットまたは関西空港のピーチにお問い合わせ
  • ジェットスターの場合はカスタマーセンターにライブチャットでお問い合わせ

これが確実にお問い合わせできるそうです。
ピーチの場合は今回初めてなので「らしい」になってしまうのですが、松山空港のピーチの担当者さんが仰っていたので合ってると思います。

ライブチャットでのお問い合わせ

ジェットスターのお問い合わせは、スカイプだと通話料は無料らしいですが、アプリ導入の必要があります。
単に電話問い合わせだと日本語ではまず繋がりません(英語だと繋がりやすくなるそうですが……本当かいな)

ライブチャットであれば、LINEなどと同じ要領でのやり取りが可能ですし、何となればスクリーンショットを撮ることも可能で、待っていれば確実に繋がります。

ライブチャットのログはお問い合わせ終了後には残らないものなので、心配な場合はスクリーンショットを撮っておくことをおすすめします。
後でトラブル発生した場合の証拠にもなりますし、使わなければ後で消せばいいので(笑)。

その肝心のライブチャットサービスですが、普通に各航空会社の公式HPを探していても見つかりにくいです。

ジェットスターの場合は、「ジェットスター ライブチャットサービス」で検索すると見つかると思います。
実は公式HPの中を探すよりも早いかもしれません。

ピーチの場合もどうやら同じらしいですね。
この場合は公式HP「困った時はココ→AIに聞く→参考にならなかった→オペレーターにつなぐ」の順を用いるとライブチャットでお問い合わせになるそうです。
ただし「困った時はココ」が出るのがPC版の表示の時のみなので、スマホからの場合は、面倒でもPC表示にする必要があります。

どこも直接コールセンターに問い合わせるとナビダイヤルだったりそもそも繋がらなかったり……とありますので、ライブチャットシステムを有効利用したいですね。

お問い合わせの前の準備

ライブチャットはブラウザ上で行います。
その間、ブラウザを閉じたらチャットが強制終了になってしまいます。

PCからライブチャットで問い合わせる場合はスマホ片手に……ということが可能なのですが、スマホしか持っていない!という場合もあるでしょう。
特に出先からの問い合わせの場合はこの危険性があります。

この場合大変面倒ですが、問い合わせ内容(予約番号、バウチャー番号、飛行機の便などの情報)をメモしておく必要があります。

バウチャー番号のような桁数の多い数字はミスがあると問い合わせがスムーズに行かなくなる恐れがあるので、しっかり確認しましょう。本当に面倒ですが。

また、ライブチャットのオペレーターさんとのやり取りは、時間がかかります。
私が問い合わせた時は大体30分くらいかかりました。
お問い合わせする場合には、時間に十分な余裕をもつことを強くおすすめします。

格安航空利用時のまとめ

格安航空(LCC)は低価格で搭乗直前でも予約を取ることが出来る、旅行者にはとてもありがたいサービスです。
ただしフルサービスの航空会社(ANAやJAL)とはサービスの根本が異なるということを知っておく必要はありますが、それさえ知っていれば快適に利用できます。

飛行機というものは、いつ何のトラブルが発生するかわかりませんので(欠航や遅延など)、トラブル対処方法は覚えておくべきものですね。
利用する航空会社によって対処方法は異なりますが、それはある程度事前に調べておいた方が自衛にもなります。(主に料金的な問題ですが)

ちゃんと調べて賢く使うのが、快適な旅行には欠かせませんね。

1+

旅行

Posted by 夜来香