Google AdSenseの審査に落ちた話〜意外なところに落とし穴?

皆さまこんにちは。ブログ管理人の夜来香です。

先月の下旬にこっそりと申し込んでいたグーグルアドセンスですが、今日やっと通知が来ました。はい、見事に玉砕です(苦笑)。審査に通る人はアッサリと通るという話をネットで漁って読みましたので、こりゃアヤシイな、もしかすると駄目だったかなーと思っていたらやっぱり駄目でした。で、理由がこういうことらしいのです。

これがその理由。読んだ瞬間なんじゃこりゃ、となりまして、やっぱりネット検索する羽目になりました。先達の経験談が身に染みます。

この「価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について」というのは、簡単に言えば他所様のサイトからパクってコピペしてるんじゃないの?という疑惑がありますよーというもの&アンタのところの記事役に立ってないよーというものらしいのですが、後者はともかく(自分で役に立つ記事を書いているという絶対の自信はありません、プロのライターさんではないので)、前者だけは絶ッッ対に無い!と言い切れるので、無料のコピーチェックツールを使う羽目になりました。

CopyContentDetecter」という便利サイトです。ここでチェックしてみました。まずは最近のカメラ関連の記事……うむ、別に問題はなし(コピーの可能性が30%以上になるとややまずいらしいので、30%以下を目安にすると良いらしいです)。

そして最初の方に書いた記事でものの見事に引っかかりました。コピー率90%とか!詳細を調べることが出来るので、どこのサイトのパクリと判定されたんだよと思って見てみました。

お引越し前の私自身のブログ記事でした。そりゃ内容は一緒だわな。驚異のコピー率90%も当然といえば当然です。両方ともに私が書いたんだがね!と言い張ってみたところで、誰も信じてくれる訳もなく。巷に蔓延るコピペサイトやらまとめサイトがある以上、グーグルアドセンスに申請したサイトだけが自分のもの、と言い切れる状態な訳です。

過去に自分で書いた記事が仇になった先達がいらっしゃってるように、私も見事に自分の過去記事に嵌められた……という訳です。
失敗談は大事ですね。その次に成功例が大事です。

……というわけで、本日(2019年1月4日)の時点でやってはいけないグーグルアドセンス申請について書いておきます。

やってはいけないグーグルアドセンス申請(と思われるもの)

  • はてなブログのからのお引越しは大変に危険(訂正が非常に面倒)
  • WordPressでブログを作成する場合、扱いにくいレンタルサーバーは借りない(初心者にはさくらサーバーさんはなかなか扱いづらいそうです)

これがどうにもアヤシイ……という事項です。

最初の「ブログお引越し」については、実は更にあるらしく、はてなブログは利用するな、も入っているらしいです。
はてなブログは有料版になると独自ドメインも取得出来るのですが、ある日ブログが消されたり(規約を外れたと判断された時)、グーグルアドセンスとどうにも相性がよろしくないらしいのです。

私も最初借りたのははてなブログ(無料版)でしたがね!しかも後で記事を非公開にしたり削除してもネット上の履歴からなかなか消えてくれないとのこと。
グーグルアドセンスに申請する予定でブログ開設する方は、はてなブログさんからスタートするのは止めておきましょう。
理由ははっきり判らないけれど、危険な事柄に敢えて突っ込む必要は全くありません。

次に、レンタルサーバーについて。
独自ドメインはどこで取得しようが個人の自由ですが、サーバーによって扱いやすいところとちょっと面倒なところがあります。
私は現在さくらサーバーを利用しているんですが、ここが初心者にはおすすめしないと知ったのは借りた後の話でした。知った時に愕然としましたが。お金払っちゃったし勿体ないしどうしよう……それでWordPressを何回もインストールしたり消したり、を繰り返しました。どうやら本当に扱いづらいようです。ネットでの情報収集って本当に大事ですね(涙)。

さてとりあえず再審査に向けて、脅威のコピー率を叩き出した記事は手直しします。皆様、気合の入った記事ほど修正するのが大変ですので、グーグルアドセンス申請を最初から考えている方。

  • 最初から独自ドメイン取得
  • 初心者にもやさしいレンタルサーバーを借りる
  • WordPressでブログ作成(無料で扱いやすいのはルクセリタスです)

が無難ではないかと。後は個々人の腕の魅せ方による……ということで。今現在グーグルアドセンスに申請している方、もしくは申請を考えている方のお役に立てれば良いのですが。

それにしてもこう書いてみると、結構穴にはまりまくってますね私……。

※追記:
「やってはいけない」だけではなく『やっておかなければならない』ものもありました。
ブログお引越しの場合は元記事と元ブログの削除、そしてグーグル検索に引っかかってくる場合(元記事削除しても検索には出てくる場合がよくあります)は古いコンテンツの削除が必要です。
古いコンテンツの削除に関してはグーグルサーチコンソールこちらにURLを入れて削除依頼を出すことになります。本当に色々と面倒ですね。

1+

雑記

Posted by 夜来香