ど素人のカメラ放浪記・3〜一眼レフにミラーレスにレンズも

皆さまこんにちは。ブログ管理人の夜来香です。

カメラのお話、大したことではないにも関わらず長々と書き綴りましたが……。

レンズ交換式カメラは非常に奥が深いのです。

※一時期ニコンが自社ミラーレスカメラに対してこの呼称を使っていました。
今ではフルサイズミラーレスを発売しているため、レンズ交換式カメラという名称はNikon1のことを指しています。2019年1月時点で全て生産終了となっています。

レンズが色々あるものだから、アレ試してみたいコレ試してみたい……とレンズ資産が貯まる(そして金もかかる)ことをレンズ沼にはまるといいます。
沼は沼でも底なし沼っぽいです。
あとデジタル好きの人の収集欲を刺激しやすい代物かもしれません。

私は一眼レフやミラーレスカメラが大好きですが、今のところは機械好き>撮るのが好き、な状態です。
カメラがお利口過ぎると、ある程度はオートで綺麗な写真が撮れてしまう。
良いレンズがあればこれまたそれなりに良い写真が撮れてしまう。
……そこで終わっちゃ駄目なんですが。

少しでも綺麗な状態で記録として残したい、それも大いにアリだと思うのです。
そういう人たちが一眼レフやミラーレスカメラを購入するのは、市場活性化にも繋がるので結局はやっぱりアリだと思うのです。
写真愛好家やプロの写真家の皆さんは、より美しくよりインパクトのある、人の心に訴えかける力のある写真を撮ることが出来ます。
ただ、こうやって深く考えると、カメラというのは非常に性能の良い「道具」であるのだな、と気付かされます。
問題は道具の使い方扱い方であって……ってこれはカメラに限らずほとんどの道具に言えることでもありますね。

あまり堅苦しく考えずに、私はとりあえず撮りたいものをより良い状態で撮って楽しみたい。
お金は……ほどほどにかける程度にしたいかと。そうでなければ本当に沼にハマります(苦笑)。
ただある程度綺麗に撮るにはウデも必要ですので、好きなものを撮って経験値を踏んでウデを上げて行けたらいいな、と思うのですが。

ど素人なので一眼レフといってもフルサイズセンサーは使いこなせないし高い!のでAPS-Cサイズのものばかり使ってますが、これはランクアップの可能性は低い……ような気がします。そこまで金もありませんし体力もないので。

先日、アドベンチャーワールドにおいてジャイアントパンダの桜浜&桃浜の誕生会があったのですが、私も参加してきました。
その参加された人の中に、所謂バズーカカメラなるカメラを持っている方がいましたが、あれ重くないのかしら……が正直な感想でした。
フルサイズカメラ+望遠レンズの組み合わせは、確かにバズーカ砲に見えなくもない迫力があります。
私にはあのカメラを使いこなすウデもなければ腕力もない……カメラの世界に体力という壁を感じた瞬間でもありました。
あの見るからに重そうなレンズ(重そうに見えてそうでもないというものもありますが、レンズに限っては見た目よりも重いことがほとんどです)を使いこなすプロの写真家さんは体力が凄いんだな!といささか方向の違う感動を覚えた私です。

そういえば210mmのレンズと300mmの望遠レンズの差ってどれくらい?と思っていたらパンダを撮って気付きました。
同じような位置からパンダラブの野外運動場で遊ぶ結浜を撮った場合、

・210mmレンズだと全身がアップ

・300mmレンズだと顔のアップが撮れる

という感じです。
レンズのスペックを見て具体的に分かりにくい場合は、レンズをレンタルして(あくまで出来る環境にある場合ですが)同じものを撮ってみると違いがわかりやすいのかもしれません。

あと、レッサーパンダ撮影は高倍率ズームレンズで!
近くにも遠くにも対応出来るレンズでなければあの素早い動きにはついていけません(涙)。
ある程度位置が変わらないのであれば良いレンズを使用するのがいいのでしょうが。

↑爆走ちびレッサーパンダ。走るのが早過ぎて普通のスマホカメラでは撮影が難し過ぎます。
一眼レフでようやく撮れました。連写でもいいかもしれない。


210mmのレンズはこちら。
ソニーのEマウント(APS-C専用)レンズのSEL55210です。
55〜210mmの望遠レンズでダブルズームキット同梱品でもあります。
軽くて小さいので持ち運びには困りません。あとは交換の手間がかからなければ携帯するのに便利なんですが。
本体につけても重くならないサイズ。


そしてこちらが300mmのレンズです。
ニコンFマウントDX専用レンズのAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR。
70〜300mmの望遠レンズです。一眼レフ用のレンズなのでかさばります。持ち運びにはあまり向かない……かも。


個人的に持ち運びに良かったのが高倍率ズーム。これもニコンFマウントDX専用のレンズです。
お値段もそこそこ……でも使い勝手は良いのです。ザ・ズボラレンズ。
AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR。
標準域から望遠域まで1本で済む旅行用レンズ。交換の手間いらずです。便利。


色々レンズがありますので、お近くのカメラ屋さんやヨドバシカメラに行くと面白いレンズが見つかるかもしれませんよ。
ついでにどれくらいの重さなのか持ってみることもおそらく可能です。
メーカーで○○gと書いてあったとしても、自分がどれくらいの重さに感じるか、これは重要なことだと思えます。
実際持って撮影するのは自分自身ですので、世間的には重いとされているレンズでも重く感じなければ大丈夫、という話です。

0

カメラ

Posted by 夜来香